NPO(特定非営利活動法人) 朝日訴訟の会


朝日訴訟の会とは


第17回総会 あらため朝日訴訟の意義を確認

 

NPO朝日訴訟の会は2月12日、第17回総会を開催しました。今回も昨年に続いてリモートとの併用開催となりましたが、参加は、あわせて約40名でした。冒頭の則武会長のあいさつに続いて神戸大学名誉教授の二宮厚美先生が「朝日訴訟の現代的意義」と題して、講演しました。

二宮先生は、朝日訴訟の経過にふれた後、65年前に提訴された朝日訴訟の現代的意義について①欧米の社会保障が労働運動のなかで勝ち取られたのに対して、日本では憲法の力によるところが大きいが、特に憲法25条が「人間らしい生活の保障」を明確にしたものだと国民が受け取っているのは、朝日訴訟によるところが大きい、②戦後社会保障の原則として要約できる「必要充足・応能負担原則」を確立したのは朝日訴訟の思想によるものだ、③今、コロナ禍で保健所・公衆衛生の重要性が強調されているが、当時、結核対策に大きな力を発揮した保健所活動の水準を引き上げたのは朝日訴訟であり、いま、保健所の縮小・病院の統廃合を推し進めている問題点を大きくあぶりだいしているのも、その原点は朝日訴訟である、と3点を指摘し、この朝日訴訟の歴史的な意義を若い世代に語り継ぐ重要性を強調しました。

ついで、事務局から経過報告と方針案が示された後、生保裁判、年金裁判などの取り組み報告や会員拡大のためのツイッターやSNSの活用などをめぐって意見がだされました。

続きを読む "第17回総会 あらため朝日訴訟の意義を確認" »


第17回総会の会場変更

今週12日に開催する第17回総会の会場を変更いたしました。会員、賛助会員のみなさんにあすでにお知らせしていますが、参加予定の方は、お間違えないようお願いします。(おかやま西川原プラザ⇒民主会館)
記念講演や議案提案等はzoomでご覧いただけます。ID,パスワードはチラシをごらんください。

続きを読む "第17回総会の会場変更" »


第17回総会は来年2月12日に開催

朝日訴訟の会第17回総会は、2022年2月12日に開催します。コロナ感染症の関係で今回もオンラインとの併用で開催します(主会場は、おかやま西川原プラザ)。会員、賛助会員の方には、先日、案内とチラシをお送りしましたのでご覧ください。記念講演は神戸大学名誉教授の二宮厚美先生です。二宮先生には手記「人間裁判」を再刊した際(2004年)、解説を書いていただいています。来年は、朝日茂さんが東京地裁に提訴してから65周年を迎えますが、二宮先生には「朝日訴訟の『現代的意義』」(仮)と題してお話をいていただくことにしています。ご期待ください。

続きを読む "第17回総会は来年2月12日に開催" »


徳山大学から展示室訪問

長い間、投稿を休んでしまいました。すみませんでした。
コロナ感染の影響で、展示室の訪問もかなり少なくなっていましたが、8月10日には徳山大学から先生と学生が展示室を訪問してくださいました。社会保障を学ぶ学生が生活保護や朝日訴訟を深めてみたいということでした。また、同日、信濃毎日新聞から取材を受け、展示室や早島町の「人間裁判の碑」をご案内しました。

続きを読む "徳山大学から展示室訪問" »


林財団の3年目研修で朝日訴訟のお話

今年は、コロナの影響で講演会や展示室の訪問のほとんどがキャンセルされてしまいましたが、7月28日、林財団職員の3年目制度研修が行われ、「朝日訴訟と社会保障」についてお話をしてきました。この企画も、コロナの影響で1ヶ月延期されていたものです。
講演では、コロナ禍の下で「新自由主義」の破綻が明らかになり、今こそ憲法25条にもとづく社会が実現されなければならないことや経済界からも「ポストコロナ社会は効率だけを追求する社会ではダメだ」などの声が上がっていることなどを紹介しながら、朝日訴訟についてお話をしました。

続きを読む "林財団の3年目研修で朝日訴訟のお話" »


第15回総会には60人が参加

NPO朝日訴訟の会は15日、岡山市内で第15回総会を開催しました。画期的な朝日訴訟第1審判決からちょうど60周年にあたる今年の総会には、遠く埼玉や奈良、兵庫、愛媛など県外からの参加も含め約60人が参加しました。
総会では、エコノミストの山家悠紀夫先生(「暮らしと経済研究所」主宰)が記念講演し、1990年から昨年までの30年間の日本経済の歩みを節目ごとに振り返り、時の政権の経済対策の失政が現在の不況を招いていることをデータにもとづいて指摘、日本経済の不況を克服するためには、労働者の賃金を引き上げること、社会保障を充実すること、消費税をいますぐ5%に引き下げること、などが必要であることを強調しました。
総会はその後、総会議事に入り会員の拡大やミニ講座の開催、「展示室」の活用や出前講座などを開催し、若い世代に朝日訴訟の歴史や意義を語り継いでいくことを確認しました。

続きを読む "第15回総会には60人が参加" »


第15回総会は2月15日(土)に

第15回総会を来年2月15日(土)に開催します。先日、総会案内とチラシを会員の皆さんにお送りいたしました。今回の総会には記念講演の講師に山家悠紀夫先生(「暮らしと経済研究室」主宰)をお招きし、この間の日本経済の30年間を俯瞰していただき、消費税と生存権にも焦点をあててお話していただく予定です。ご期待ください。

続きを読む "第15回総会は2月15日(土)に" »


ニュースを発送しました

会員、賛助会員のみなさんには、先月末、ニュースを発送しました。この半年間に展示室を訪れた方々の紹介やその様子を掲載しています。ご覧ください。

続きを読む "ニュースを発送しました" »


10月は2組が訪問

10月は、医療ソーシャルワーカー協会県北の会の皆さん(写真)や兵庫大学小倉ゼミの学生さんたちが展示室を訪問してくれました。

ソーシャルワーカーの皆さんは、「自分たちが働いている地域でこのような大きなことが行われたとは知らなかった」「学校では表面的なことしか勉強していなかった。朝日さんの命がけの努力があって今があるのだと考えさせられた」「変だと思ったことには自ら動いてアクションを起こしていかなければならないと思った」などの感想が寄せられました。また兵庫大学の学生さんは、台風でJRがストップするというアクシデントが起こりましたが、小倉先生が車で送迎するなどして訪問してくれました。社会に出てからは社会の矛盾にもきちんと目を向けていこう、と話し合っていました。

続きを読む "10月は2組が訪問" »


治安維持国賠同盟中国ブロック交流会議で講演

 

9月8日、岡山県鏡野町・奥津温泉で治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の中国ブロック交流会議が開かれ、「人間裁判―朝日茂の闘い」と題しておよそ45分間、お話をさせていただきました。事前に「DVD-人間裁判」を観ていただいたことや、参加者のみなさんが労働運動やその他の国民運動の分野で活躍されてきた方ばかりだったこともあり、「命をかけてたたかった朝日茂さん」の生きざまに、多くの皆さんから共感をよせていただきました。

続きを読む "治安維持国賠同盟中国ブロック交流会議で講演" »



その他の記事

最近の記事

検索

カテゴリー

バックナンバー(月別)



ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。