NPO(特定非営利活動法人) 朝日訴訟の会


朝日訴訟の会とは


国立病院で働く青年らが展示室を訪問

このほど、国立病院で働く青年たち25名(全医労)が展示室を訪れ、朝日訴訟の歴史と社会保障について学びました。「高校の授業で朝日訴訟の言葉は聞いたことがあるけど、こんな背景があるとは知らなかった」などの感想がよせられていました。なお、9月末には全国の国立病院で働く青年たちが岡山に集い、同様に朝日訴訟や社会保障について学ぶことにしており、今回はその事前学習としてとりくまれたものです。

続きを読む "国立病院で働く青年らが展示室を訪問" »


看護学生ら展示室を見学

5月19日、民医連中四地協DANS第2回実行委員会が岡山市で開かれ、看護学生ら実行委員約50人が朝日訴訟を学びました。実行委員らは、DVD「人間裁判」を鑑たり、朝日訴訟展示室を見学するなどして現在の「貧困と格差」を学びました。以下は寄せられた感想です。

「朝日さんの訴訟が今の社会保障につながっていることをあらためて感じました。医療従事者として、人として、しっかり受け継ぐこと、学生さんに伝えたいと思います。」

「訴訟を起こした朝日さんをみて、行動する大切さを感じた。看護師として患者さんの苦しみや訴えを受け入れられる耳をもちたい」

続きを読む "看護学生ら展示室を見学" »


ニュースを発行しました(第13回総会号)

続きを読む "ニュースを発行しました(第13回総会号)" »



その他の記事

最近の記事

検索

カテゴリー

バックナンバー(月別)



ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。